HOME>特集>安心して端末が使える!モバイルデバイス管理システムを自社に導入

安心して端末が使える!モバイルデバイス管理システムを自社に導入

パソコン

モバイル端末を利用するなら管理システム導入がおすすめ

モバイル端末は便利で手軽であるという理由から、近年世界中で急速に普及が進んでいます。プライベートで複数台所有しているという人もいれば、法人でも業務にモバイル端末を導入する企業が増えています。モバイル端末を導入することで業務が効率化できるという点は嬉しいメリットだといえますが、同時に情報漏えいや不正利用といった問題も増加しています。企業の重要な情報を守るためにも、モバイル端末を導入する際には、セキュリティ対策の取れるモバイルデバイス管理システムも併せて導入しましょう。セキュリティ対策だけでなく情報を一元化できるので、より便利にモバイル端末を活用できます。

失敗しないモバイルデバイス管理システムの選び方

男性

リモートロック機能が備わっている

モバイルデバイス管理システムを利用する上で最も重要なことは、セキュリティシステムが充実しているという点です。紛失時に遠隔操作でロックを掛けることもできますが、紛失自体に気づくのが遅くなれば、発見までに情報が流出してしまうかもしれません。システムを選ぶ際には、自動的にロックが掛かるリモートロック機能が備わっているか確認しておきましょう。

初期設定方法が簡単である

どんなに優れたシステムを導入しても、使いこなすことができなければ意味がありません。スムーズにモバイルデバイス管理システムを導入したいという企業は、初期設定が簡単であるシステムを選びましょう。自社で設定が難しいのであれば設定サービスを展開している専門会社に任せるなど、初期段階での準備が大切です。

データが暗号化できる

モバイルデバイス管理システムは元々セキュリティに優れているものですが、よりセキュリティ対策を強化したいという企業は、データが暗号化できるシステムを選びましょう。万が一情報が流出してしまっても、暗号化していれば悪用されるような心配はありません。端末内の情報を自動的に暗号化してくれるシステムを導入しておくと、安心です。